遺産・相続

 1972年の設立以来、虎ノ門法律経済事務所は、遺産・相続問題に関して多数の依頼者の信頼をいただいております。
 相続に関して数多くのご相談・ご依頼をいただくのも、あらゆる法律問題に対処できる「総合病院的」法律事務所ならではの特徴です。

 相続問題は経験が必要だと言われます。複雑な遺産相続問題の解決には、相応の時間が掛かることが多いからです。
 長いものでは10年以上も揉めている事件もあり、経験が少ない弁護士が受任した場合は、問題解決に難渋することもしばしばあります。
 当事務所では、ノウハウを蓄積した実務経験豊富なベテラン弁護士が多数在籍しており、その経験とノウハウを皆で共有して事件に取り組み、相談者様の希望に叶うよう迅速に対応しております。

 私は,これまで本店のベテラン弁護士とともに多数の相続案件を処理して参りました。特に,多く取り扱ったのは相続財産に高額な不動産が含まれている案件です。
 不動産を巡っては,その資産価値及び利用価値が大きいことから,親族間で大きな対立が生じることが多々あります。その初期対応を誤ると,親族間の縁まで断ち切れてしまうことにもなりかねませんので,遺言等による事前予防も含め,お気軽にご連絡を下さい。

≪重点取扱案件≫
・遺産分割交渉/調停・審判(高額不動産を含む場合,相続人多数の場合,企業の事業承継問題を含む場合)
・遺言書作成(公正証書遺言をはじめ依頼者の置かれた状況に沿った遺言を作成します)
・任意後見業務(当事務所が設立母体となっている「一般社団法人 シニア総合サポートセンター」(http://www.senior-ssc.com/)も全力支援いたします)

≪よくあるご相談≫
・現在事業で使用している親名義の土地・建物があるが,当該不動産が無くなると仕事ができなくなる。何とか単独で所有権を取得したい。
・同族会社の社長の父が急死した。何から手を付けてよいか分からない。会社の事業承継問題を全部お願いしたい。
・最近物忘れが多く,今後,誰かに騙されたりしないか心配だ。子どもも遠くに住んでいるし頼れない。後見人という制度について詳しく聞きたい。
・現在母名義の土地建物に同居しているが,母は自宅以外資産がほとんどない。もし,母が亡くなり相続が起きたら,今住んでいる家を売って売却代金を分けるしかないのか。
・兄が遺産をすべて相続するという内容の故人の遺言を持ってきたが,どうしても納得ができない。偽造ではないか。
・生前から兄弟間が悪くそもそも遺産分割についての話し合いができる状況ではない。 ・亡くなった父には借金がたくさんあり,相続をしたくない。

≪事務所のサポート体制≫
・相談室は完全個室でプライバシーが外部に漏れることはありません。
・法テラスにも対応していますので,お金に不安のある方でも気軽にご相談ください。
・常に誠実で前向きに対応させていただきます。





 

Back to Top